2021年版:ノートやゲーミングPCに必要なメモリ容量は?

 ゲーミングPCに必要だと言われているメモリ容量は人によって意見が異なります。2021年になったので、今必要とされているメモリ容量を述べていきたいと思います。メモリはどんなことに必要なのかということや、なぜそんなに必要なのかということを述べていきたいと思います。

スポンサーリンク

メモリとは?

 メモリとは、CPUが処理を実行するためのデータを一時的に記憶する場所です。メモリを軽視する人が多いのですが、PCの処理の大事な部分を担っているのがこのメモリです。

 それでは、どのように大事な役割をしているか。ということを、たとえを使って説明していきましょう。「メモリ1枚」を「道路の車線1つ」として考えてください、メモリを車線として考えた時、PCに入ってくる「データ」は「車」とします。

 車が道路を走る時、混んでいなければ一車線でもスムーズに通行できますが、車の量が多くなってくるとあっという間に一車線では捌けなくなってしまいますよね。そこで、この道路を二車線にすることで車の通行を円滑にすることができます。
 さて、PCに入ってくるデータと合わせて、音楽ソフトや録画ソフトの処理が合わさると、道はぎゅうぎゅうになってしまうことが想像できるようになったと思います。いくら良いCPUを積んでいても、メモリがこのぎゅうぎゅうになってしまった状態がPCの限界となります。

 ちなみにメモリ1枚あたりの容量は道の幅と考えてください、1枚あたりの容量が4GBなら、車用の道路、一枚当たりが8GBならばトラック専用道路、一枚あたりが16GBならば飛行機専用道路と思ってください。このように1枚あたりの容量が増えることによって運ぶことのできるデータ量が増加します。
 では、一枚あたりの容量が大きく、車線数が多い場合はデータの運搬量がより多くなります。つまり、16GBのメモリが1枚よりも2枚のほうがよりデータを捌けるということがわかると思います。
 
 さらに深く考えていくと、実は16GBのメモリを一枚搭載するよりも、8GBのメモリを2枚搭載してあげた方が性能が上ということになります。そんなに考えなくても良いようなメモリ使用状況であれば、メモリは1枚でも問題有りませんが、メモリ使用状況が80%以上になるようであればメモリは2枚にしてあげたほうが良いかも知れません。

メモリは少なくても良い?

 「大したことはしないからメモリは少なくてもいい」という方がいますが、ブラウザを開いた時にタブを複数開いていませんか?それは「大したこと」のうちに入るんです、案外メモリを喰らうのがインターネットブラウザ。動画サイトのタブならば余計に負荷がかかりますし、インターネットブラウザって案外メモリを喰らうのです。インターネットのタブを開いている裏ではメールソフトや常駐ソフトが働いていますよね、この場合4GBではかなりメモリが圧迫されている状態だと想定されます。

 まず、現在はノートPCであっても4GBでは足りません。確実に動作が不安定になる容量です。現在は、ノートPCは最低8GB、ゲーミングPCは最低16GBの時代が来ています。

 幸い今の所、ノートPCは8GBあれば メモリ使用量に余裕がある というような状態になると思いますが、そうでない人も出てきているあたり、16GBの容量が必要になる日は近いと言えます。ノートPCのメモリが4GBしかない方は必ずメモリの増設を行いましょう。先を見通すならば、16GBのメモリを用意しても良いと言えます。

スポンサーリンク

ゲーミングPCに必要なメモリ容量

 ではゲーミングPCに必要なメモリ容量は?と聞かれた時、私が答えるのは「最低16GBは必要」だと言います。動画配信が気軽にできるようになった時代ですから、動画配信を行ったり、動画クリップを保存する人が多いと思います。動画を保存するためのアプリケーションと、ゲームを起動するのに使うメモリ使用量を考えると8GBでは間違いなくカツカツです。

 最低8GBあればいいよ、という人もいますが、何年も前のゲームばかりする人であれば8GBでも足りると言えます。しかし、新しいゲームにも手をつけた瞬間、8GBでは足りずにアプリケーションが落ちてしまうという事態になりかねません。
 そのため、私は最低16GB、できるならそれ以上をおすすめします。24GBや32GBだと余裕が持てますね。32GB積んだとしてもメモリを選べば1万円ちょっとで搭載することが可能です。どうせゲーミングPCを組むならあまりケチらずに数年余裕を持ってプレイすることができるマシンを組んでおくと後のコストが安く済みますのでおすすめです。

迷ったらこれ!というメモリ

 迷ったらこれを選んでおこう、というPCパーツは、各パーツごとに存在しますが、メモリの場合はCORSAIRのVENGEANCE LPX シリーズ というメモリがそれに該当します。このメモリは某PC専門店でも「とりあえずこれをおすすめしておこう」という人が多いメモリになります。マザーボードと互換性があるかどうか、安定性があるかどうか、というのが大事になるメモリですが、そのどちらをも満たしてくれるのがこのVENGEANCE LPX シリーズのメモリになります。

それでは今回はこのへんで、ありがとうございました。

スポンサーリンク