なくしもの防止のスマートタグをデバイス管理に応用!おすすめのタグも紹介

  • 1月 21, 2024
  • 1月 21, 2024
  • 周辺機器
  • このサイトはプロモーションを含みます

財布や車の鍵などを管理するのに便利な「スマートタグ」
PCやゲームデバイス・ケーブルの管理にも役立つアイテムなんです。
デバイスやケーブルが見つけられないときの活用方法を紹介します!

スマートタグの種類について

スマートタグにはいくつか種類があります。
そのうちメジャーで商品種類も多い2タイプを紹介します。
他のタイプは商品種類が少ない、希望の機能がないなどで悩むことが多いので割愛します。

メジャーなキーホルダータイプ

もっとも一般的なキーホルダータイプ

小型で悪目立ちしないのがポイント。
カバンや車の鍵につけても自然に馴染むものが多く、違和感がありません。

カードタイプ

スマホケースや財布などに最適なのがカードタイプ

クレカや交通系カードと同程度の厚さのものもあるので、財布の中身がかさばることはありません。
特にスマホをどこに置いたかわからなくなることが多い、という方はカードタイプを忍ばせておけば非常にありがたい存在になるでしょう。

スマートタグの「デバイス管理」活用例

一般的な使い方は上記で紹介したような感じなのですが、家庭内の整理整頓にも活用できるんです。
PCデバイスが多くなってくると、サブ機は押し入れなどに入れておくことが多くなりますが「無線マウスの充電がなくなった…」「ケーブル類が不調で他のものに変えたい」

そんなときにスマートタグでデバイスを管理することで、モノ探しの役に立ちます。
ケーブル類などは特に、ケースに収納していてもUSB-C、HDMI、Thunderboltなどのタイプ別にごちゃごちゃになりがちです。
さらに、使えるかわからないケーブル・使えるケーブルを混同して収納している場合は地獄です。

そんなときにケーブルタイにスマートタグをつけておくことで、使えるケーブルのUSB-C・HDMIなどの判別がつくので管理の面倒さがなくなります。

デバイスも同様に、箱やケーブルなどにスマートタグをつけておくことで、管理がしやすくなるでしょう。

おすすめのスマートタグ

おすすめのスマートタグを紹介します。
性能の良いものから安価で無難なものまでさまざまな種類から選んでくださいね。

Apple AirTag

Anker Eufy

Tile Mate

VOCOlinc 紛失防止トラッカー


スポンサーリンク