ノートPCやスマホ対応PD急速充電器の紹介:Q&A解説有

PC周辺家電カテゴリへ

オーディオミキサー

オーディオセレクター
USBハブ(3.0対応)ノートPCにも使える複数口充電器
電源タップゲーミングWifiルーター

 MacBookやWindows製のノートパソコンの充電方式にUSB TYPE-Cが採用され始めてからしばらく経ちますが、純正の充電器で満足しているでしょうか。純正は小型に纏められている代わりに出力が低く抑えられているため、充電速度が遅くなりがちです。そのためサードパーティ製品で自分の所持しているデバイスと相談して複数ポートが用意されているチャージャーを購入したりと、しっかりした対応をすることで、部屋の充電器類を減らすことができるだけでなく、空いたタップを別の家電に有効活用することも可能です。

 今回はそういうわけでMac/WindowsのノートパソコンやiPad、さらにはスマホやタブレットにも対応したPD規格充電器を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

USB PD規格と出力について

 まず、そもそもですがノートパソコンに給電をしたい場合、通常のUSB充電器では電力の供給能力が足りず、充電ができません。そのため、ノートパソコンを充電したい場合はUSB PD充電器という規格のものを購入する必要があります。

 USB PD規格のPDとは Power Delivery の略で、USB規格の標準化団体であるUSB IFによって取り決められた国際標準規格となっています。
 
 PD規格の充電器はあらゆる製品に対して高い互換性を持つという特徴と、急速充電にも対応しているという素晴らしい特徴を持ちます。
 この高い互換性を持つUSB PD規格により、スマホだけでなく、タブレットやノートパソコン、ゲーム機の充電も可能にしています。

 ではなぜ、ノートパソコンやゲーム機器が、このPD規格でないといけないかと言うと、従来のUSB2.0の充電器では、2.5Wまでしか出力がないため、ノートパソコンのような何十Wも消費するようなデバイスの充電はできませんでした。そのため、スマホからノートパソコンのように比較的消費電力が大きい機器の充電まで、ひとつの充電器でカバーすることができるような新規格が登場したというわけです。

 USB PD規格では、最大100Wの出力が可能なため、ノートパソコンでも十分に給電することが可能です。しかしここで大事なことは、一律100Wの出力が可能かと言われればそうではないということです。18W程度までしか出力のできないPD充電器もありますし、100Wオーバーの出力を持つ充電器もあります。

 したがって、ノートパソコンやタブレット、ゲームなどの充電をしたい場合にはUSB PD規格の充電器を購入する必要がありますが、しっかりと出力を確認して購入する必要があるというわけです。

よくあるPD規格や商品についてのQ&A

Q.PD規格の充電器は全て同じWですか?

A.製品によって異なります。20W程度のものから100Wを超えるものまで様々なので、購入の際は気を付けましょう。

Q.持っているデバイスは24Wのものなんですが、100W対応の充電器を買っても大丈夫なんですか?(重要)

A.大丈夫です。というのもUSB PD充電器はデバイスのワット数に合わせて最も効率の良い充電方法で充電する、という機能が備わっています。そのため100Wに対応している充電器でも、24Wのデバイスが接続されたときにはそれを自動で認識し、最適な充電効率で充電をしてくれます。

Q.MacBookは何ワット以上の充電器なら充電ができるの?

A.MacBook Airならば30Wあれば充電可能です。
MacBook Pro 13inchであれば61Wなので、最大出力60W以上のものであれば給電が可能です。
MacBook Pro 16inchであれば96Wなので、最大出力90W以上のものであれば給電が可能です。

Q.Surfaceは何ワット以上の充電器なら充電ができるの?

A.デバイスに付属している電源アダプターが何Wになっているかを確認してください。参考値としては、Surface Go 2は24ワット、Surface Pro 7/Suerface Bookは65Wです。

スポンサーリンク

購入の際の注意

 基本的によくわからないメーカーのUSB PD規格を謳ったものはおすすめしません、表示法違反品も見受けられます。

 そこで、信頼のできるメーカーを皆さんに伝えておきたいと思います。信頼できて、よく見る機会のあるメーカーは「ANKER」「AUKEY」「 SATECHI」「RavPower」などです。皆さんにとってはよく知らない名前かも…と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、いずれもこの手の業界で有名なメーカーです。

 また、電流・電圧に関わる商品なので、変なメーカーの充電器を買ってしまい、似非PD規格の商品を掴んでしまうとPC・スマホのマザボを破壊してしまう恐れがあります。当サイトでは国内メーカーとさきほど紹介した「ANKER」「AUKEY」「 SATECHI」「RavPower」以外はおすすめしません。

 ただ、国内ですとパソコン周辺機器はサンワサプライやELECOMをお勧めしたいのですが、今回はどちらもPD対応充電器の商品数が少なく、おすすめできるものは残念ながらありませんでした。ですので、ANKER AUKER SATECHI RavPowerをメインにおすすめの商品を紹介していきたいと思います。

おすすめのUSB PD規格の充電器

 1ポートあたりの最大ワット数を元に「60W級」「90W級」と3つのカテゴリに分けて紹介していきます。
 ただし、1ポートのみの使用時に最大出力を発揮するので、2ポート使用時のときには1ポートあたりが半分程度または、片側のポートに出力が偏ります。
 そのため、MacBook Airを2台充電するためには、90W級チャージャーを購入することで、1台のチャージャーで対応することが可能です。

スポンサーリンク

60W級チャージャー

 1ポート使用時では最大60Wの出力ですが、2ポート使用時はそれぞれが30Wになります。GaN素材を使用しているため熱効率が優れており、より高い効率で充電をすることができます。100〜240Vでの入力電圧に対応しているため、海外での使用も可能です。
色はブラック/ホワイト
ポート数は(USB-Cポート:2)

AUKEY Omnia 65W

1ポート使用時には最大65Wの出力ですが、2ポート使用時には45Wと18Wの出力になります。GaN素材を使用しているため熱効率が優れており、より高い効率で充電をすることができます。100〜240Vでの入力電圧に対応しているため、海外での使用も可能です。
色はブラック/ホワイト
ポート数は(USB-Cポート:2)

 1ポート使用時では61Wでの出力が可能ですが、2ポート時ではTYPE-Cが45W、TYPE-Aが12Wの計57Wの出力になります。100〜240Vでの入力電圧に対応しているため、海外での使用も可能です。
色はブラック/ホワイト
ポート数は(USB-Cポート:1、USB-Aポート:1)

90W級チャージャー

SATECHI 108W Pro USB-C PD対応充電器

 最もおすすめする商品です。2つのUSB-C PDポート (90W, 18W) と2つのUSB-A (合計12W) ポートで最大4台のUSBデバイスの同時充電が可能。100〜240Vでの入力電圧に対応しているため、海外での使用も可能です。
ポート数は(USB-Cポート:2、USB-Aポート:2)

AUKEY Omnia 100W

 AUKEYのOmniaシリーズはPD充電器の中でも人気のある充電器です。1ポートですが、100Wに対応しているだけでなく、Mac純正アダプタの半分以下の大きさで、このワット数帯としては世界最軽量となっています。カラーはブラック/ホワイト。(USB TYPE-Cポート:1)

RavPower 90W

 1ポート時最大90Wの出力のType-Cポートを2つ搭載したUSB-C対応充電器です。2ポート使用するときにはそれぞれが45Wのポートになってしまうので注意が必要です。GaN素材を使用しているため熱効率が優れており、より高い効率で充電をすることができます。100〜240Vでの入力電圧に対応しているため、海外での使用も可能です。

AUKEY Omnia Mix4 100W

・TYPE-Cを1ポート使用時最大100W、TYPE-Cを2ポート使用時で45W
・TYPE-CとTYPE-Aを1つずつ使用した場合はTYPE-Cが65Wで12W
・全てのポートを使用した時はTYPE-Cがそれぞれ45WでTYPE-Aが合計12Wとなります。

色はブラック/ホワイト
(USB-Cポート:2、USB-Aポート:2)
折りたたみ式プラグで、100〜240Vでの入力電圧に対応しているため、海外での使用も可能です。

スマホやiPad用

ANKER PowerPort 2 Elite

 PowerIQおよびVoltageBoostを搭載し、どのような機器に対しても各ポート最大2.4Aのフルスピード充電が可能です、つまり標準の充電器よりも速い速度でスマホの充電を完了することが可能です。折りたたみ式プラグなのでコンパクトサイズで持ち運びに適しており、世界各国の電圧(AC 100-240V)に対応しているので海外旅行でも活躍します。
スマホ・タブレット用:出力24W

モバイルバッテリーとしても使用可能なもの

 家の中でも外出先でも、Anker独自技術のPowerIQとVoltageBoostにより、あらゆるUSB機器にフルスピード充電が可能です。USB充電器として使用しながらAnker PowerCore Fusion本体を充電でき、そのままモバイルバッテリーとして持ち歩くことができます。折りたたみ式プラグを採用しているため持ち運びにも最適です。
色はブラック/ホワイト/レッドの3色

ポートはTYPE-Aが2ポート
給電用のmicro-usbポートが1つ(ただしACでも充電可能なので使う機会は殆どないと思います。)
こちらはスマホ・タブレット用:出力15W

ランキングでチェック

 今回は私のおすすめを紹介しましたが、ランキングで確認するのもよいと思います。ANKER AUKEY SATECHI RavPower以外の商品を購入する際は十分にお気をつけ下さい。

Amazon AC充電器 売れ筋ランキング

スポンサーリンク