配信にも使える高安定性のおすすめスマホ/タブレットスタンドを紹介

 料理時、横になる時、ソファやデスクに座っている時、ゲームをしている時、様々な場面でスマホスタンドが必要になりますが、問題は安定性が足りない商品が多いということです。

 中にはタブレットだけでなく、スマホですら乗せることができないというような商品すらあります。
 そこで、私が実際に使ってこれは良い。と思った商品をおすすめします。ここで気に入る商品が見つかると嬉しいです。

スポンサーリンク

おすすめのスタンドの基準

傾きや高さを変更できるもの

 立っている時に使う、横になっている時に使う、ソファやデスクに座っている時、ゲームをしている時に使うというような使い方のいずれの際も上下の調節や、角度の調節をしたい場合があるでしょう。

 少なくとも角度の変えられるものでなければ不便だな…と思うことが多くなることが考えられるので、後悔しないような選択をしましょう。

スポンサーリンク

少し大きめのサイズ

 置くタイプのもの、挟むタイプのもの、どちらにも言えることですが、今のスマホに対応したものよりも大きいサイズのものを選ぶと良いでしょう。特にiPhoneは新機種が発表されるたびにサイズが大きくなっていくため、ちょうどいいサイズを選ぶと将来的にはサイズが足りなくなる可能性があります。

 それでも機種を変更するまでは使わないよ、という方や今より大きいものは必要ない、という方はぴったりサイズでも良いでしょう。

おすすめは少し大きめを購入することです。

充電ケーブルの接続できるデザイン

 稀にmicro-usbやライトニングケーブルが接続することのできないデザインのスタンドがあります、そのようなデザインに気をつけて購入しなければ結局手で持って動画を見たり、配信中に電源が切れてしまうなんていうことになりかねません。

 そういった自体を避けるためにも充電ができるかどうかを確認しましょう。

スポンサーリンク

おすすめのスマホスタンド

 4-13インチのスマホ、タブレットに対応し、ケーブルを通すための穴があるため充電しながらの利用が可能です。また、角度の調整が可能で滑り止めの素材が底についています。滑り止めがあることによりしっかりと固定されるので、安定性を保ちつつベストな傾きに調節することができます。

 4-12.9インチまでタブレット、スマホに対応でき、ケーブルを通すための穴があるため充電しながらの利用が可能です。折り畳みことができます。見た目はアームが弱そうですが、見た目に反してアーム強度が強く安定します。
 折りたたみが可能なので外出先への持ち運びも可能。スマホ、タブレットに当たる部分には、滑り止めがついているので、傾けてもデバイスをしっかり固定することができます。スタンドの底面にも4つの滑り止めがついているので滑り対策もバッチリです。
伸縮式のスタンドの高さは11cmから16cmまで簡単に調整できます。

  4-13インチのスマホとタブレットに対応します。重そうな見た目に反し、わずか200gと軽い商品になっています。折り畳みが可能なので持ち運び用のスタンドとしても便利です。180度調整可能なので、最適な視野角で画面を見ることができます。角度調節の金具や本体底面に滑り止めがついているので安定性も高いです。

  4-13インチのスマホとタブレットに対応し、ケーブルを通すための穴があるため充電しながらの利用が可能です。角度と高さ調整(156mm-320mm)が可能で、スタンドの角度が360°自由に調整可能なため、ベストポジションを常に追求することができます。アルミ合金なので錆びにくいため、台所でレシピを見ながらのご使用もおススメです。

 1.5kgまでのスマホだけでなく、カメラの設置も可能です。カメラの向きは360°自由に調節することができます。また、スマホ用のBluetooth リモコンが付きいているので、10M程度の遠隔操作が可能です。アルミニウム合金製のデザインで重量は0.65kg、収納後サイズ45cm、高さは55cmから125cmまで4段階です。

4.0~12.9インチのスマホとタブレットに対応します。高さは38cm~175cmの間で調節が可能。低い高さにも対応するため横になって、座って、立って、どんな姿勢でも自由自在に対応させることができます。重さは5.5kgと軽すぎないので振動も少なく安定して使うことができます。ホルダーは360°回転します。

 4-11 インチのスマホとタブレットに対応します。スマホとタブレットの種類や機種と関係なく簡単り取り付けて使用することができます。タブレットは縦置きのみで取り付けます。 支柱がしっかりしているのである程度ゆらゆらすることなく安定性がありますが、頻繁に画面をタッチする場合はアーム式をおすすめします。スタンドの高さは最高143cmまで、ホルダーは360°回転可能で自由自在に調整が可能です。タブレットを乗せてレジスタンドとして使うという方法もあります。

 以上のような商品が私のおすすめ商品です。これらは私が一度は使ってみて安定性があることを確認したものになりますが、ぜひレビューも参考にしてみてください。残念ながら商品にも当たり外れはあるので返品交換が比較的かんたんなAmazonでの購入をおすすめします。

スポンサーリンク