VRのための曇り防止商品とプレイ後のアイケア商品の紹介

Quest2充電器のおすすめ曇り防止とアイケア商品
Quest2純正・非純正のアクセサリー21選VRやVtuberで使えるWebカメラ
度付きレンズの紹介(Oculus全機種対応)

 今回はVR体験のクオリティアップのための商品とプレイ後のアイケア商品を紹介したいと思います。というのも、私は眼鏡ユーザーなのですが、VRで運動をするときに長時間プレイしているとVRのレンズと眼鏡の間が蒸れて曇ってしまうことが悩みでした。そこで色々と考えた結果、今回紹介するいくつかの商品に行き着いたのですが、いままで感じていたストレスが減ったので、皆さんにもおすすめしたいな、ということで記事にさせていただきました!また、眼鏡ではなくてもVRのレンズが曇ってしまう場合もありますよね、VRののレンズにも使用できる商品も紹介していこうと思いますのでどうぞお付き合いください。

スポンサーリンク

VR体験中に眼鏡が曇る

まずは汗を軽減させることが大事

 私のように眼鏡ユーザーはこの悩みを抱えている方は多いでしょう。特に汗をかいている時にこの現象が頻発しますよね、これは自分の汗や呼気に含まれた水蒸気が原因で起こる現象です。

 大体は汗が出なければ起こらない現象ですが、スポーツやフィットネスのためにVRをプレイしている方には無理な相談ですよね。まずは流れる汗を軽減させることが眼鏡を曇らせないための対策の一つとなります。

そこで紹介したいのがこちらです。

 こちらはニンジャマスクと呼ばれるVRゴーグル用のフェイスマスクです、フェイスマスクを利用することによって汗が流れ落ちるのを防ぐことができます、さらにVR機器の衛生面の意味でも汗を染み込ませないことが大切です。

スポンサーリンク

眼鏡曇り解決

 フェイスマスクでも曇りを軽減する対策になりますが、根本的な解決のためには以下のような曇り止めの商品がおすすめです、いろんなタイプの商品があるので色々と試してみると良いかもしれません。また、曇りどめですので普段マスクと眼鏡を併用する方も曇りが改善されますので、普段使いとしても活躍させることができる商品ですね。

 クロスタイプやジェルタイプや紙タイプなど色々とあります、おすすめは使用回数の上限が多いクロスタイプです。私もクロスタイプを使っていますが、息をは〜っと吐きかけてから拭くと効果時間が長くなる感じがします。販売元でもおすすめされている方法ですが、参考までに。

VR曇り対策

 実際には先程の眼鏡用のクロスでも問題はないですが。VR用に出されている商品があったので、VR用をちゃんと使いたいと言う方はこちらのほうが安心できると思いますので、紹介します。PSVR用ですが、他機種にも使いまわし可能です。

スポンサーリンク

プレイ後のアイケア商品

 VRって目が結構疲れるんですよね、その疲れを放っておくとドライアイやもっとひどい症状になってしまいかねません。プレイ後はアイケアを欠かさず行うことがとても大事になります。アイケア商品をいくつか紹介していきたいと思います。

ホットアイマスク

 よく聞くようになりましたよね、最近流行りのホットアイマスクです。おすすめはグラフェンという材質を使ったアイマスクです、グラフェンは熱伝導性が高いため省電力で目をしっかりと温めてくれます。さらにアイマッサージャー機能のついたホットアイマスクを使うとより一層目の凝りが軽減され、十分なアイケアとなるでしょう。

 安価帯から高価なものまでありますが、一番おすすめできるのはドクターエアです。今回紹介したドクターエアの商品は装着していても視界が確保されるような作りになっているためちょっとした作業をしながらでもアイケアをすることができるので就寝前の準備をしながらアイケアをすることができます。さらに日本製で3年保証がついていますので安心の商品ですね。

おわりに

 今回はVR機器ユーザーのための商品紹介の記事でした。眼鏡が曇ったり、目が疲れたりでお悩みの方はきっと多いことと思います、そんな悩みの解決の糸口にでもなることができれば幸いです。
 
 さらに私のサイトを通して、VRユーザーを増やしていくことができれば良いなと思っているので、目が疲れることや眼鏡が曇ることがVRを始めるための障害になっているならばこちらの記事を教えてあげてください。対策商品があるならやってみるか…と思ってくれる方がいれば嬉しいです。

それでは今回はこのへんで!

スポンサーリンク