Quest2リリースノートv23を日本語で確認

Quest2に関するOculusQuestリリースノートv23が発表されました。日本語で確認していきましょう。
また、公式での発表はこちらのページになります。

https://forums.oculusvr.com/community/discussion/95181/quest-2-quest-build-23-0-release-notes#latest

リリースノートv23

これらの機能と機能強化は、2020年11月13日から利用可能になります。

スポンサーリンク

Oculus Move

ビートセイバー』で箱を切り刻んだり、『アリゾナ・サンシャイン』でゾンビを倒したりと、新しいプラットフォーム機能である『Oculus Move』を使えば、消費カロリーの推定値と、どのアプリやゲームでどれくらいの時間身体を動かしたかをVRで追跡することが可能になります。
Oculus Moveでは、毎日の目標を設定し、推定消費カロリーとVRで身体を動かしている時間に基づいて進捗状況を追跡することができます。
Oculus Moveは来週から徐々にローリングアウトされるため、ユーザーによってはすぐにこの機能が表示されない場合がありますのでご注意ください。
Oculus Moveの詳細はこちら

クエスト2 フレームレート

このリリースにより、Quest 2 ヘッドセットはデフォルトで 90 Hz でネイティブに動作するようになりました。この高いフレームレートは、よりスムーズな視覚体験を提供し、VRでの滞在時間を全体的に向上させることが示されています。
開始時には、システムレベルのソフトウェアは90 Hzで動作します。追加のアプリの採用は、開発者の裁量に基づいています。開発者は、今後リリースされるSDKの一部として、この機能にフルアクセスできるようになります。

音声コマンド

ヘッドセットでボイスアクティビティにアクセスできるようになりました。これにより、VR 内にいながら音声インタラクションを表示、聴取、削除できるようになります。ボイスアクティビティを管理するには、以下の手順に従います。
Quest または Quest 2 のヘッドセットを装着し、[設定] > [音声コマンド] > [アクティビティログ] を選択します。
これまで通り、モバイルアプリやOculusのウェブサイトからもボイスアクティビティにアクセスすることができます。

ボイスディクテーション

自動句読点。ディクテーションに句読点を追加したいときに「カンマ」や「ピリオド」と言う必要はもうありません。今回のリリースでは、自動句読点と大文字小文字の区別が音声ディクテーションに追加されたので、より簡単で効率的な音声入力が可能になりました。
音声入力では、ピリオド、カンマ、疑問符、大文字小文字が自動的に入力されます。その後、親指を立てたり、親指を下げたりして、あなたの体験をフィードバックすることができます。
注:この機能は、米国とカナダの英語圏のユーザーに徐々に展開されていきます。
検索バーからのディクテーション。Oculusの検索バーに音声ディクテーションが便利に統合されました。キーボードからディクテーションを起動する代わりに、検索バーですぐにディクテーションを見つけることができ、検索結果を数秒以内に取得することができます。
注:この機能は、米国とカナダの英語圏のユーザーに徐々に展開されていきます。
音声コマンド、音声読み上げ、予測テキストの利用可能性
これら3つの機能は、カナダの英語圏のユーザーが利用できるようになります。
これらの機能は、カナダの英語圏のユーザーにも徐々に展開されていきますので、ご注意ください。

[ad]
スポンサーリンク

アクセシビリティ

VR 内のテキストの読みやすさを向上させるために、ヘッドセットに表示されるテキストのフォントサイズを調整するオプションが追加されました。これを行うには、「設定」>「デバイス」>「テキストサイズ」を選択します。

モバイルアプリ

Oculus モバイルアプリをアップデートし、次にヘッドセットを装着したときにシームレスにアプリのコンテンツを起動できるようにしました。これは、モバイルアプリで参加したいチャレンジや参加したいイベントを次に見たときに、それを保存してヘッドセットに表示させることができることを意味します。
この機能は現在実験中であり、現時点ではすべてのユーザーが利用できない可能性がありますのでご注意ください。

スポンサーリンク

システム

Quest と Quest 2 の両方にソフトウェアの機能強化を行い、レイテンシーを低減し、In-VR エクスペリエンスを向上させました。

[ad]

In-VR体験

VRでどこからでも快適に過ごせるように、キーボードとメニューバーの両方を掴んで移動し、状況に応じてより最適な位置に移動できるようになりました。
今回のリリースでは、ホームに戻ることなくアプリ内から追加のタスクを完了させる機能を導入しました。これにより、友達リクエストの送信、メディアの共有、アプリ内での購入などを、現在のアプリやエクスペリエンスから離れることなく完了させることができます。
この機能は、開発者が Focus Awareness を実装し、SDK を v23 にアップデートしているかどうかに依存します。
また、第一世代のすべてのQuestヘッドセットに新しいユニバーサルメニューバーを導入しました。

教育

初めてVRに入るユーザーにとっては、圧倒されることもあると思いますが、そのためにいくつかの新機能を用意しました。その中には以下のようなものがあります。
クエストを知る。VR の基本を紹介する一連のミニチュートリアル体験。
プログレスバー。どのチュートリアルを完了したか、次に何ができるかを確認できます。
アチーブメント。お気に入りのアプリやゲームと同じように、チュートリアルを完了したり、VR での滞在時間をレベルアップしたりすると実績が得られます。
これらの機能は実験の一環であり、現時点ではすべてのユーザーが利用できない可能性がありますのでご注意ください。

ブラウザ

ブラウザを介してヘッドセットとの間でシームレスにファイルをアップロードしたりダウンロードしたりできるようになりました。YouTube に動画をアップロードしたり、Dropbox から写真をダウンロードしたり、Google Docs を介してファイルを共有したりすることができます。

バグ報告

何かが動作していない場合、バグを報告することでお知らせする機能を導入しました。バグ報告は、問題を認識し、全体的なin-VR体験を向上させるための調整を行うのに役立ちます。
バグを報告するには、「設定」>「バージョン情報」>「バグ報告」を選択するか、「クイックアクション」から「バグ報告アイコン」を選択してください。
バグレポーターは徐々に展開されていますので、一部のユーザーはすぐにこの機能を確認できない場合がありますのでご注意ください。
また、Oculusサポートではバグ報告には対応しておりませんのでご注意ください。サポートが必要な場合は、サポートチームに直接お問い合わせください。
クエスト2でのクエストのアプリ一覧
Quest ヘッドセットを使用していて Quest 2 にアップグレードした場合、Quest 2 のセットアップが終了すると、以前にダウンロードしたアプリを Quest から自動的にダウンロードするオプションが追加されます。
注:新しいデバイスでアカウントに関連付けられたアプリを再ダウンロードすることはいつでも可能ですが、この特定のアップデートでは、クエスト2のセットアップ終了時に複数のアプリをダウンロードするオプションが表示されるため、プロセスが効率化されます。

[ad]

クエスト表示

Questのピクセル密度を向上させ、画像解像度の向上につなげました。
この機能強化は、初代Oculus Questのみが対象となります。

キャスト

ヘッドセットで起こっていることを共有するウェブキャストがさらに簡単になりました。今回のアップデートでは、Google Chrome や Microsoft Edge などのデスクトップウェブブラウザ上で oculus.com/casting へのキャストを有効にしました。
iOS と Android で Oculus アプリにキャストする際に、キャストしている内容を直接携帯電話に記録し、デバイスのカメラロールに保存することができるようになりました。

修正点

意図しないドリフトや位置移動を減らすためにGuardianを改善しました。
一部の大きなアプリのダウンロードに失敗する原因となっていたバグを修正しました。
メディアアプリで動画を積極的に視聴中に一部のヘッドセットがスリープモードになってしまうバグを修正しました。

スポンサーリンク