モニターアームのおすすめと購入の際のガイドラインの紹介

おすすめ関連 カテゴリ(クリックorタップで開く)
ゲーム環境ゲーム部屋
ゲーミングデバイスPC周辺機器
ゲーム環境構築グッズ・機器35選快適なゲームのためのサポートグッズ20選
光るPCデバイスやPCパーツモニターアームの購入ガイドラインと商品
ワーク・ゲーミングチェアについて周辺機器とデスクのお掃除グッズ
おすすめのインターネット回線おすすめのポケットWi-Fi・おうちWi-Fi
デスク上に欲しい跡付けアイテム集
夏特集:ゲームをしながら飲みたい飲料と冷たい飲み物を楽しむグッズ6選

 デスク次第でモニターのスタンドって邪魔になってしまうことがありますよね。このスタンドがなければもっと広くデスクを使うことができるのにな、ということもよくある話です。

 そこで今回はそんな悩みを解決してくれるモニターアームの購入を考えている方へ向けて、モニターアーム選びで考えるべきポイントとおすすめの商品を紹介していこうと思います。今回はクランプ式のモニターアームの紹介をしていこうと思います。

スポンサーリンク

モニターアームとは

 モニターアームは、デスク周りをより機能的に使うことができるようにする空間整理の機能を持ちます。また、モニターの位置も上下左右に比較的自由に動かすことができるパソコン周辺機器です。

 好みのデスク周りレイアウトを作りやすく、デスク上のスペースを広々と使うことができます。モニターは一枚から複数枚のモニターを取り付けることができるモニターアームがあり、快適なPC環境を作り出す際には必須の商品となります。

VESA規格

VESA規格とは、パソコンなどのディスプレイやテレビなどを壁掛け・モニターアーム・モニタースタンドなどに取り付ける際に使うネジ穴の間隔を定めた国際標準規格のことを言います。

モニターアームを購入する際にとても大事になるのがこのVESA規格、ネジとネジ穴を想像していただければよいかと思います。
ネジとネジ穴は規格が一致しなければ取り付けることができません、モニターとモニターアームの間にもネジとネジ穴のような規格があるので必ず一致するものを購入しましょう。

とはいえパソコンモニターのサイズは22〜24インチあたりが主流なので、そこまでVESA規格を気にする必要はありません。12~24インチのディスプレイはVESA75VESA100の2つの規格が使用されています。主流サイズのモニター対応のモニターアームは基本的にこの2つの規格に対応しています。注意するべきなのは、24インチよりも大きいの画面を購入する際です。24インチよりも大きい画面を購入する場合はまた規格が変わってくるので規格を確認しておくようにしましょう。

スポンサーリンク

(その1)何枚のモニターを取り付けたいか

 1つのアームで画面を1枚〜6枚まで取り付けることができますが、机の耐荷重を忘れないようにしてください。アームを支えるクランプから机にかかる重量は分散されず一点に力が集中しますので机を破壊する危険もあります。

 机1枚に対して3,4枚まででしょうか、机以外に固定する場所があるなら別ですね。実際のところ、モニターアームが欲しくてこの記事を読む方は何枚用のモニターアームを購入するかは、既に決まっていると思うので、この際選択肢を増やしてみましょう。

 また、20型〜24型あたりのテレビならば、テレビをモニターアームに取り付けてしまうという手もあります。テレビの背面を確認してみてください、モニターアームを取り付けるためのねじ穴があると思います。32型~の大きいテレビの場合はモニタースタンドも選択肢に上がりますね。このようにテレビを取り付けるという方法もあるので、参考までに。

(その2)クランプ部分の固定ねじの数

机とモニターアームを挟んで支えるねじのことですね。

 1画面用のモニターアームならば固定ねじは1つでも良いでしょう。しかし、2画面用以上のモニターアームならば固定ねじは2つ以上あるものをお勧めします。ねじの数は机へのダメージを減らしてくれます。画面が重い場合、ねじの数が少ないと机が割れたりえぐれたりします。

 良い机を使っている方ならば余計に固定ねじは2つあるものが必要だと思います。良い机や絶対に傷つけたくない机を使っている方は固定ねじ2つのクランプに加えてこのような補強プレートを使うことを強くおすすめします。

スポンサーリンク

(その3)アームの要不要

これは1画面用のモニターアームに限った話になりますが、1画面用にはこのようにアームがほとんど無いタイプとある程度調節できる長いアームの2種類があります。この辺は部屋のレイアウトと好みで決めましょう。長いアームの方がモニター位置の調節はしやすいですが、アームがない方が空間がすっきりしますね。

(その4)アームの形状と耐荷重

 アームの形状にも様々なものがあります。最も異なるのは「軸の数」と「軸の可動方向」ですね、軸の数が多いとレイアウトを変更しやすく、軸が上下左右に動くタイプだと、より空間を利用できるようになります。

自分がどう画面を使いたいかを考えてから購入するようにしましょう。

 また、耐荷重はそこまで考えなくても良いのですが、(その1)で提案したように、テレビを取り付ける場合テレビがあまりにも重い場合はちゃんと耐荷重の欄を見てから購入するようにしてください。

(その5)取り付ける場所の奥行に余裕があるか

 使い方によりますがモニターアームを曲げた時に壁にぶつかってしまわないか、ほかの家具家電に接触してしまわないかということです。「壁との接触でうまく空間を使うことができなかった」というのはモニターアーム購入者がたまに直面する問題です。部屋の模様替えでモニターアームのことを忘れていた場合にも起こりうることです。

 初めて購入する方はグリーンハウスというメーカーのモニターアームが安価で様々な形状のアームを発売しているのでエントリーモデルとしてお勧めです、記事で紹介していた画像やリンクもグリーンハウス製のモニターアームになります。

 なお、グリーンハウスの他にも「サンワ」や「エルゴトロン」などのメーカーのモニターアームは良い商品を出しているのでおすすめできます。安価で良いものを買いたいなら「グリーンハウス」高価でも良いから高機能なものが欲しいという場合は「エルゴトロン」、グリーンハウス製よりももう少し高級感が欲しいという場合は「サンワ」というように購入先を考えましょう。

スポンサーリンク