床を保護するフロアマット・チェアマットの紹介:ゲーミング部屋にも

関連 カテゴリ(クリックorタップで開く)
ゲーム環境カテゴリゲーム部屋カテゴリ
ゲーミングデバイスカテゴリPC周辺機器カテゴリ
ラックやパーテーションおすすめの電源タップ集
L字デスク構築方法リンク一覧
床を保護するグッズ

 ゲーム部屋にこだわると何かと忘れがちなのが床の保護です。従来のデスクの重さに加えて、デスクに重たいPCケースやモニターなどを載せているとデスクの脚に伝わる負荷はかなり大きなものになります。

気付いたときには時既に遅く、コーティングや床がボロボロになっているという悲惨な自体もあり得ます。

特に賃貸の場合は状況次第で退去時の費用が嵩んでしまう可能性もあります。予防できるうちに予防策をとっておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

賃貸の方は注意

賃貸の方は特に注意するべきがフローリングの床の傷ですが、これはゲーム部屋に限った話ではなく、賃貸部屋全体としての重要な話です。

壁の傷・着色・穴を空けてしまうなどの壁の破損よりもフローリングの傷の修繕の方が10万程度の高額になる場合があり、敷金を払っている場合でも不足する可能性が大きくなります。

特にキャスターの付いているチェアはフローリングとの相性が良くないため対策が必須となります。

退去時に高額な請求で後戻りができないような状況になってしまう前に数千円の対策グッズを活用して床を保護してあげましょう。

もちろん、床に関しても保証しなければならなくなる破損は傷だけでなく、着色・へこみ・色落ちなどがありますので気をつけておかなければなりません。

ゲーム部屋で特に気をつけなければならない箇所

もちろん、大前提として床の保護をしなければなりませんが、壁の保護も忘れないようにしましょう。
机を壁にぴったりと付けている方は机からの着色に注意しましょう。

画鋲が許されている賃貸と許されていない賃貸があるということも知っておかなれけばならないかなと思います。
借用書や規約などの書類に記載されていますので確認しておきましょうね。

床では、最も大きなダメージソースとなり得るキャスター付きのチェアの下の床の保護を最優先にし、そこから重量のある棚の下の床の保護、そして忘れがちなデスクの脚に接する部分の床や、デスクトップパソコンの下の床の保護です。

保護すべき床の順序は述べたとおりですが、他にも負荷がかかっていそうな部分があれば徹底的に保護しておきましょう。

スポンサーリンク

床を保護するアイテムの紹介

保護すべき順序については先程述べたとおりです。
では、どのようなアイテムで保護をしていくかを紹介していきたいと思います。

まずはキャスター付きのチェアの下の床の保護でした。

チェアマット

おそらく床への最も高いダメージソースはキャスター付きのチェアです。

キャスター付きのチェアを使用している場合はチェアマットは必須です。
チェアマットと退去時の費用のどちらを取るべきかは考えずとも御理解いただけるのではないかなと思います。

とくに高いものを買う必要もないですが材質がフェルトのようなものだとゴミが絡みつくのでポリ塩化ビニルやポリエステルのものを選ぶと掃除のしやすさが違いますね。

スポンサーリンク

フェルトパッド

椅子やデスク、またドアノブの当たる部分などにうってつけなのがこちら、少し大きめなのでカットして使うのが良いかと思います。

これだけでもあるとないでは全然違ってくるので最低限このフェルトパッドを導入しておきましょう。

保護マット

ある程度の大きさのあるショーケースや家具の場合、大きめのサイズの保護マットがあれば良いのではないでしょうか。

商品は冷蔵庫に対応したものですが、それなりの大きさや熱耐性もあるので使い勝手は良いですね。

キャスターストッパー

PCワゴンのような基本動かさないけれど、キャスターが付いているというような家具にはストッパーがおすすめ、圧がかかる面積を大きくしてくれるので床を保護するという効果があります。

4つ足用、モニターアームで有名なグリーンハウス製のキャスターストッパーがおすすめです。
40-50mm・55-65mmの径があるのでほとんどの家具類に適用可能です。

キャスター以外のデスクやソファなどの脚付き家具にも使用可能ですし、経年劣化がしにくい素材でできているのでベタベタになりにくく、色も主張が少ないので部屋に溶け込んでしっかりと床を保護してくれます。

4つ足、6つ足用で振動が無いほうがよければ溝になっている形を選ぶとよいでしょう。

スポンサーリンク