現実的にdbdがプレイできる最低動作環境のパソコンを追求してみた。

今回は「DeadbyDaylightがプレイできる最低スペックのパソコンってどんなだろう??出先にデスクトップを持っていくのもなぁ…」と思ったので

  • ノートパソコンであること
  • グラボがオンボードであるもの

を基準にdbdを起動&プレイすることができるパソコンを見つけてきました。

 

私が今回使ったパソコンは【DELL-vostro 15 の3000シリーズ】です。

本体の値段は6万程度です。

流石に初期スペックでは無理なので

  • 起動ディスクをHDD→SSD
  • メモリ4GB→8GB

に換装。

換装手順は後日紹介します。

スポンサーリンク

ゲームのバージョン

今回は2019/06/18時点で最新のエクセキューショナーが実装された時点での検証となります。

バージョンによって重くなることが考えられるゲームではあまりないですが念のため。

実際の起動画面

実際に起動してultraクオリティの解像度100とLowクオリティの解像度0で比較しました。

スペックギリギリなのでキャプチャすると音が途切れます、大音量の視聴は控えた方が良いです。

動画ではそこまで伝わらないかもしれませんが、Ultraではもっさりしています、ちょっとだめだなこれ…って感じ

Lowでは実際の起動画面

実際に起動してultraクオリティの解像度100とLowクオリティの解像度0で比較しました。

 

スペックギリギリなのでキャプチャすると音が途切れます、大音量の視聴は控えた方が良いです。

 

dbd最低スぺック補足動画

動画ではそこまで伝わらないかもしれませんが、Ultraではもっさりしています、ちょっとだめだなこれ…って感じ。

LowではゲーミングPC並みのレスポンス!とまでは言えませんがストレスはあまり感じません。

スポンサーリンク

起動時の処理能力

こちらはLowクオリティでの処理能力を示したものです。

流石にオンボードのGPUはカッツカツですが、メモリやCPUには余裕があります。

メモリやCPUに余裕があるためなんとかプレイできる環境になっています。

メモリがキツキツだとカックカクになってしまうのでメモリは1GBは絶対に余るようにしたいですね。

実際にプレイしてみて

実際にプレイしてみました。

流石にキャプチャはキツかったので画像で説明します。

マッチ待機画面では特にかたまることもなくストレスフリーな感じ、問題ありません。

マッチが始まって少しプレイしました、チェイス・発電機・ロッカーイン・窓枠乗り越え・パレット倒し・引き抜き・全て処理には問題ありません。

ただ1つ問題があるとすれば【もがき】の時にゲーミングPCよりももがきゲージの溜まり方が遅いなと思いました、しかし問題は本当にそれくらいです、あとは問題ありませんでした。

先日13日にランク更新があったばかりですのでこのマッチではランク5ですが、問題なくpipsを取るくらいにはストレスなく普通にプレイできます。

 

個人的にはチェイスの時にカクつくのではないかな~と警戒していたのですが、全然気になりませんでした。

あくまでもLowクオリティで解像度0の場合です、見た感じはプレステ2とまでは言いませんがプレステ3にも追い付かないくらいでしょうか。

私はそこまで気になりませんでしたが。

出先でお手軽にdbdをやりたい場合はこの方法ででプレイするのは「アリ」だなと思いました。

このあたりのスペックが最低動作環境なのではないでしょうか。

参考にしてください。

それでは良いdbdライフを!

スポンサーリンク