HDMIのおすすめと失敗しない選び方 規格・種類・タイプも解説

パソコンとモニターをつなぐ際に必須なのがHDMIケーブルです。HDMIケーブルのように、様々な規格・種類・形状があるものは機器に詳しくない方が選ぶにはハードルが高いため、参考となる指標が欲しい方は多いと思います。

そこで今回はHDMIケーブルの選び方からおすすめのHDMIケーブルまでを解説・紹介していきたいと思います。ぜひ参考にしてください。

HDMIケーブルとは?

HDMIケーブルは、映像や音声ときにはデータを伝送するためのケーブルです。

今は既に化石になりつつありますが、DVIやD-SUBなどの従来の接続方式に比べて、通信速度が増し、映像や音声が同時に1本のケーブル伝送できるようになり、接続方法も差すだけと非常にシンプルになりました。

簡素化の結果、テレビやパソコンの他、ビデオカメラやサウンドバーなど多様な機器との接続に使われるようになりました。

ディスプレイケーブルなどの商品もあるため、残念ながら完全な統一規格とはなっておりませんが、映像出力ケーブルの中では現在最も使われているケーブルがこのHDMIケーブルになります。

HDMIケーブルの規格

HDMIケーブルの規格について解説していきます。

「パソコンからモニター」「ノートパソコンからモニター」「スマホ・タブレットからモニター」「ゲーム機からモニター」など、それぞれ接続に使うHDMIケーブルの規格が異なる可能性があります。

ゲーミングデスクトップからモニターで使うHDMIは「HDMI」の規格ですが、他の規格についても頭に入れておきましょう。

HDMI

HDMI(タイプA)は、テレビやパソコン、ゲーム機などの接続に使用される規格です。

最も多くの機器に使われているHDMI規格であり、デスクトップパソコンには必ず備わっている規格となっています。

また、映像処理に使われるグラフィックボードでもこの「HDMI」がついています。

miniHDMI

miniHDMI(タイプC)は、ビデオカメラや一部のノートパソコンなどの接続に使われる規格です。

miniHDMI(タイプC)は、HDMI(タイプA)に比べてコネクターが小さく、小型の機器に使われることが多いです。

ビデオカメラとテレビを接続したい場合には、miniHDMI(タイプC)とHDMI(タイプA)が対になったケーブルが必要です。

microHDMI

microHDMI(タイプD)は、スマートフォンやデジタルカメラに使われている規格です。

スマートフォンとテレビを接続したい場合には、microHDMI(タイプD)とHDMI(タイプA)が対になったケーブルが必要になります。

HDMIケーブルの通信速度

HDMIケーブルは規格だけでなく、タイプにより通信速度が異なります。自信の環境に合ったタイプを選択しましょう。

よく陥ってしまう問題ですが、機器側がハイスペックでもケーブルなどの中継機器のスペックが低く、機器のフルパワーを引き出せていないというハナシはよくあることです。

自身の環境を見直す意味でも参考にしてくださいね。

スタンダード

HDMI1.2対応のスタンダードケーブルの通信速度は、4.95Gbpsです。
このbpsという数値は高ければ高いほど良いと思ってください。

スタンダードの主なターゲット解像度は”フルHD”です。

4Kや8Kの映像やデータ量の多いコンテンツには、対応できない可能性があります。

4K以上の解像度でコンテンツを楽しみたい人は、ハイスピード以上のケーブルを選択してください。

ハイスピード

HDMI1.3~1.4対応のハイスピードケーブルの通信速度は、10.2Gbpsです。

ハイスピードでは、4K秒間30フレームまでの映像に対応します。

HDMI1.4のケーブルであれば、3D映像の伝送も可能となります。

プレミアムハイスピード

HDMI2.0~2.0a対応のプレミアムハイスピードケーブルは、通信速度が18Gbpsまで上昇しました。

プレミアムハイスピードケーブルは、4K秒間60フレームまでの映像に対応します。

PS4proなどのHDRに対応したゲーム機やHD Blu-ray規格のコンテンツにおすすめの規格です。

ウルトラハイスピード

HDMI2.1対応のウルトラハイスピードケーブルは、48Gbpsの通信速度を実現。

4K120フレームの映像に対応しています。

ウルトラハイスピードケーブルは、最新のPS5やゲーミングPCや、高フレームレートのモニターを接続するのにおすすめです。

HDMIケーブルの種類

HDMIケーブルの形状は様々ですが、基本的には形状固定が最もハイスペックです。

配線のことを重要視するのであればスリムやフラットを使うのがよいでしょう。

形状固定

形状固定タイプのケーブルは、好きな形に曲げてクセをつけられるのが特徴。

机や家具に沿って配線できて、ケーブルが垂れ下がらないので目立たない配線が可能です。

結束バンドが必要ないので、取り外す際にも簡単に取り外せるのでおすすめです。

スリム

スリムタイプのケーブルは、通常のケーブルよりも細いのが特徴。

形状固定タイプよりも、隙間を通しやすいので配線作業がしやすいです。

束ねた時にかさばらないので、持ち運びやすいのも魅力です。

薄いことでノイズが心配な人は、多重シールド構造を採用した製品を選ぶと安心です。

フラット

フラットタイプのケーブルは、薄く平らな形状が特徴。

薄く平らな形状なので、出っぱりにくくカーペットの下を這わせて配線するのに適しています。

多重シールド構造を採用した製品が少ないので、ノイズ対策で他の形状に比べて劣る可能性があります。

HDMIのバージョンについて

ケーブル類で初心者の理解を妨げてしまうポイントはケーブルのバージョンがあることです。

ここでは少し、バージョンについてのお話をしておきたいと思います。少しマニアックになってしまうかもしれないのですが、よりよいHDMIケーブルを選択することができるようになると思いますのでぜひ参考にしてください。

機器との対応

HDMIはバージョン1.2から最新の2.1まで、さまざまなバージョンがあります。

HDMI1.2は、通信速度も遅くフルHD環境での利用が推奨されます。

フルHDテレビとHDDレコーダーなどを接続するケースでは、問題なく使用できます。

HDMI1.3~1.4は、通信速度もバージョン1.2から2倍になり、4K解像度に対応できるようになりました。

バージョン1.4では3Dテレビに接続して3D映像を見ることができます。

HDMI2.0は、4K60フレームの映像に対応しました。

HDMI2.0の拡張バージョンとして、HDMI2.0aとHDMI2.0bがあります。

HDMI2.0aからは、HDRに正式に対応しています。

HDRとは、High Dynamic Rangeの略称で、より明るさの表現を広げる技術のことです。

従来の映像では、明るい場所と暗い場所を同時に表示した場合に、明るい場所の映像が白飛びしたり暗い場所の映像が黒つぶれしたりします。

HDRの映像では、明るい場所の白飛びや暗い場所の黒つぶれのない自然な描写ができるのです。

ここで正式にという意味は、HDRに限らず各機能は広い帯域(通信速度)が必要なだけで、バージョン1.4以降のケーブルでも使える可能性があるからです。

バージョン2.0aのHDRは、コンテンツごとに均一の輝度とコントラスト比、色域で表示する静的HDRです。

バージョン2.0bのHDRは、場面ごとに輝度やコントラスト比、色域を最適化して表示する動的HDRに対応しています。

4KテレビとHDRに対応したゲーム機やHD Blu-ray規格のBDレコーダーの接続には、バージョン2.0以上のケーブルをお勧めします。

HDMI2.1では、4K120フレームと8Kに加えて10K(規格上)への対応をしました。

ゲーミングPCや最新のPS5などのゲーム機と、テレビや高フレームレートディスプレイを接続して最新機能を引き出せます。

HDMI規格は、後方互換が確保されるので、基本的に新しいバージョンのケーブルを買えば安心です。

イーサネット対応について

HDMIケーブルでイーサネット接続をサポートする機能として、HEC機能があります。

HEC機能とはHDMI Ethernet Channelの略称で、テレビとHDDレコーダーなどをHDMIケーブルでLAN接続する機能です。

HEC機能を使えば、テレビまたはHDDレコーダーどちらか一方がLAN接続されていればインターネットに接続できるのです。

しかし、無線LANの高速化の影響もあり対応機器は多くありません。

ARCdとeARCについて

ARCとは、Audio Return Channelの略語です。

ARCの技術が普及するまでは、オーディオ機器からの音声を別のケーブルでテレビに送る必要がありました。

ARCの登場によって、1本のHDMIケーブルで音声と映像を、オーディオ機器とテレビの間で双方向通信ができるようになったのです。

また、HDMI2.1では、eARCというARCを拡張した機能があります。

eARCは、ARCが対応できないDolby TrueHDなどの高品位な音声フォーマットに対応しました。

ARC機能もeARC機能も、テレビ側の専用HDMI端子への接続が必要になります。 

CEC機能について

CECは、Consumer Electronics Controlの略語で、HDMIで接続された機器を相互制御する機能です。

CEC機能を使えば、テレビの電源を切ったらHDDレコーダーの電源も自動で切ってくれたり、HDDレコーダーの電源を入れたらテレビの電源が自動で入るなど連携してくれます。

HDMIケーブルの伝送距離

HDMIケーブルの伝送距離は、一般的に10mと言われています。

ケーブルによっては、10m以上でも使えるケースもありますが、通信速度の減少で一部の機能が使えない可能性があります。

おすすめのHDMIケーブル

Stouchi HDMI 2.1 ケーブル 8K スリム 4K 48Gbps Ultra High Speed HDMI

StouchiのHDMI2.1ケーブルは、スリムな形状にもかかわらずバージョン2.1に対応しているので、48Gbpsの高速伝送を実現。

4K120フレームや8K60フレーム、eARCやVRRなどの最新機能に対応しています。

また、ノイズを減らすために3重シールド構造と、継ぎ目のない金メッキプラグを採用しています。

バッファロー HDMI スリムケーブル BSHD3S10BK/N

BSHD3S10BK/Nは、伝送速度10.2Gbpsのハイスピードケーブルです。

低価格にもかかわらず、ARCへの対応や4K30フレームの映像コンテンツの視聴が可能。

ノイズ対策に、金メッキプラグと3重シールド構造を採用しています。

最新のゲーム機やゲーミングPCには不向きですが、コスパの面でおすすめのケーブルです。

スポンサーリンク