NO IMAGE

AC付きコンパクトポータブルバッテリー5選 PCやゲーム機の充電に

NO IMAGE

外出先でパソコンやポータブルゲーム機のバッテリーが足りなくなる。でも電源が使えそうなところはどこにもない…なんていう経験をした方は多いと思います。

ちょっとした作業くらいなら持ち前のバッテリーでどうにでもなりますが、予想外に作業やゲームに没頭してしまった時、途中でやめてしまうのは非常に効率が悪くなってしまいモヤモヤしますよね。

そこで今回はキャンプ・外出先でも安心してパソコンやゲームの作業ができるように、コンセント付きのポータブルバッテリーを紹介していきます。

注意点が多いので、下の項目だけでも読んでからおすすめのバッテリーを買うようにしてください。

注意点①:必ず正弦波を選ぶ

最も注意しなければならないことは出力波形で、これに気をつけなければ大事なゲーム機やパソコンが壊れます。本当に壊れます。もう本当にここだけ読んでいただければOKというくらい出力波形は大事です。

まず、出力波形には正弦波・修正正弦波・矩形波があります。

このうち、「正弦波」が家庭の電源から出力されている出力波形になります。正弦波には他にも「純正弦波」や「純粋正弦波」というような別称があり、いずれも同様のものを指します。

修正正弦波や矩形波はAC出力付きポータブルバッテリー・コンバーターの多くに搭載されている出力波形で、価格を抑えるために用いられます。

矩形波は他にも「方形波」や「パルス」などと呼ばれることもあります。同様の波形を指すので注意してください。

正弦波は少々価格が高くなりますが、修正正弦波や矩形波のような使い方が限られる出力波形向けの商品の価格が安すぎるだけの話です。

修正正弦波で使える電気製品

こちらも一例、修正正弦波ですら、ここまで使えるものが限られます。矩形波インバーターなんて何に使えるんだ、早くなくなれと思うレベルです。

  • マイコン制御でないダイヤルタイマー式の電子レンジ(シンプルな電子レンジと記載しているサイトもあります)
  • 白熱電球

マイコン制御・モーター駆動・LEDライトなどは避けましょう。

正弦波でしか使えない家電

紹介するのは一例で、もちろんこれら以外にも多くあります。正弦波自体は家庭用電源の出力波形と同じなので何にでも使えます。

正弦波でなければ動作しないもの、動作してもモーターなどを損傷する危険性が高いものを記載します。

  • パソコン
  • ゲーム機
  • 電気毛布
  • 電気コタツ
  • マイコン制御の電子機器(炊飯器や電子レンジなど)
  • 電磁調理器
  • 扇風機
  • 調光器
  • 計測機器
  • 医療機器
  • 冷蔵庫
  • テレビ
  • ラジオ

注意点②:使いたい製品の消費電力を考える

ここで必要な電源は、AC電源だったりUSB Type-Cだったりしますが、ここではAC電源とType-Cは考慮せずに解説します。

これを見落としたとしても注意点①のように家電品が壊れることはありませんが、充電という目的を達することができなくなります。

問題は、使いたいパソコンやゲーム機の消費電力をカバーすることができるポータブルバッテリーであるかどうかというポイントです。考えるべきは最大消費電力です。

モバイルゲーム機の必要ワット数

Nintendo Switch

公式での最大消費電力は公開されていませんが、ACアダプタが5.0V/1.5Aと15.0V/2.6Aに対応するもののようなので、最大39Wの消費電力を賄うことができればよいでしょう。

Nintendo Switchの消費電力は、こちらをご覧ください。…

Steam Deck

公式サイトにて、電源の項目に「45W USB Type-C PD3.0電源」という記載がありますので、最大45Wの消費電力を賄うことができればよいでしょう。

Steam Deck

ノートパソコンの必要ワット数

Macbook Pro

Macbook Proの充電器に関しては以下のような解説があります。

67W USB-C電源アダプタまたは96W USB-C電源アダプタ: 13インチMacBook Proおよび14インチMacBook Pro用の67W USB-C電源アダプタ。16インチMacBook Pro用の96W USB-C電源アダプタ。電源アダプタを接続して、ACプラグの先端を完全に引き出してから、アダプタをAC電源コンセントに接続します。96W USB-C電源アダプタは、30分で14インチMacBook Proを最大50%まで急速充電します。

https://support.apple.com/ja-jp/guide/macbook-pro/apd3a37305b7/mac

つまり、最大で100W程度の電源があれば良いということになります。

Macbook Air

Macbook Airの充電器に関しては以下のような解説があります。

 USB-C – MagSafe 3ケーブルとオプションの67W USB-C電源アダプタがあれば、M2チップを搭載したMacBook Airを30分で最大50%まで急速充電できます。

https://support.apple.com/ja-jp/guide/macbook-air/apdbc13fd966/mac

つまり、最大67W程度の電源があればよいということになります。

Windows Surface

モデル数が多いのでSurfce Pro以外を割愛しますが、Surface Proでは48Wの充電器が付属していますので、最大48W程度の電源があればOKです。

Surface Pro の付属ハードウェアおよびソフトウェアの仕様を示します。…

おすすめのコンセント付きポータブルバッテリー

ここでは正弦波・純正弦波・純粋正弦波という記載が確認されたAC電源付きポータブルバッテリーを紹介します。正直コンパクトなポータブル電源はあまり種類がありませんでした。「正弦波+コンパクト」の条件ならこの中から選ぶことになるでしょう。

キャンプ・アウトドアでの電源として、バイクにも積めるサイズ感のポータブル電源(ポタ電)としても活躍することと思います。

※順番はコンパクト順

mAh(放電容量)42000mAh
AC最大出力200W
サイズ200x46x145mm
mAh(放電容量)約20000mAh
AC最大出力120W
サイズ6.8 x 20.2 x 23.5 cm;

mAh(放電容量)78000mAh
AC最大出力300W
サイズ22 x 15 x 4cm

スポンサーリンク