ランバーサポートで長時間着座可能なゲーム・デスク環境の構築

勤務形態の変遷やゲーム趣味の人工が増え、在宅時間が長くなった今だからこそ、チェアの座り心地にこだわる方も多くなり座り心地を快適にするためのグッズの需要が伸びています。

チェアの座り心地を更に快適にしたいという方
ゲーミングチェアやワークチェアの背もたれに不満のある方

そのチェアを買い替えたり、捨てる前にランバーサポートを使ってみるというのはどうでしょうか。

ランバーサポートとは?

ゲーミングチェアのランバーサポートは、近年のゲーミングインテリア業界において普及が進んでいる機能です。

人間工学に基づいた快適な座り心地を実現するために、腰の部分にクッション性を持たせ、サポートすることを目的としています。

ランバーサポートにより、長時間座っていることで生じる筋肉の緊張や歪み、疲労を軽減することができ、背骨下部の椎間板への圧力を緩和し、椎間板を磨耗や損傷から保護するのに役立ちます。

ゲーミングチェアは通常、体型や体格に合わせてクッション性や快適性を調節することができます。ランバーサポートが備わっているゲーミングチェアは、素材や作りにも違いがあります。

頑丈な作りで、通気性の良い素材を使用し、シートの傾きや高さを簡単に調節できるレバーを備えているものを探すとよいでしょう。ランバーサポートは、座ってゲームをするときの快適さと姿勢を最適化し、背中、首、肩、脊椎を保護するのに役立ちます。

ランバーサポートはもともとチェアシートに付属しているものだけでなく、別売りの商品として後付が可能な商品など様々なタイプのものがあります。

集中力の持続の面でも、正しい着座姿勢は重要視されているため近頃しっかりとしたランバーサポートを選ぶことをおすすめします。

ランバーサポートは何を基準に選ぶ?

ランバーサポートの選び方は何を基準にしたら良いのでしょうか。

ランバーサポートの素材

ランバーサポートの素材は大きく分類して「メッシュ」「ウレタン」の2種類があります。

メッシュ

メッシュのタイプは通気性がよく、ウレタンよりも張りがある分少し硬いですが、高級なチェアでもメッシュ素材のものが多いだけあって体へのフィット感は抜群です。

また、体圧分散の面でも大手チェアメーカーはメッシュ製品に力を入れる理由として、メッシュの方がウレタンよりも体圧分散に優れているということが挙げられます。

そのため個人的におすすめなのはフィット感に優れたメッシュタイプですが、デメリットとして「汚れに弱く掃除がしにくい」「体重のある方が使用するとメッシュ素材が伸び、たわむことがある」

というようなデメリットを持ちます。

ウレタン

一方、ウレタン製品は伸縮性に長け、体重をかけることで沈み込み体をふんわり包み込みます。そのため、衝撃にも強く体圧分散に優れます。

デメリットとして「経年劣化しやすい」「沈み込みすぎ、正しい姿勢をキープできなくなることがある」

体圧分散効果があるか

体圧分散効果があるタイプのものは「体に対する接触面積が広い」ということを念頭にして選ぶと選びやすいかもしれません。

腰に一部接触するようなタイプのものは体圧分散効果は薄く、着座姿勢に疲れてしまうのが早くなるでしょう。

体圧分散に関しては、ウレタンよりもメッシュを選ぶようにすることをおすすめします。

先程も述べたとおり、ウレタンは沈み込みすぎると正しい姿勢をキープできなくなるからです。つまり、長時間の着座ではウレタンは徐々に沈み込んでいくので着座姿勢は悪化します。

一方、メッシュではデメリットで紹介した「たわむ・伸びる」という特徴が逆に程よい反発で体を包むという良い効果を生み出します。

このように、体圧分散効果の記載を意識した上でメッシュ製にするかウレタン製にするかを決めていくとよいでしょう。

高さ調節などの可動タイプ

ランバーサポートでは高さ調節のできるタイプをおすすめしています。

人間はそれぞれ身長や座高が異なるのでランバーサポートももちろん、その高さにあわせて調節することができると、個人の身長の変化や使用する人間に合わせたジャストなランバーサポートの効果を得ることが可能です。

おすすめのランバーサポート

最もおすすめ:ELECOM(エレコム) PCA-CHBSGY

圧倒的なおすすめとして、エレコムのランバーサポートの紹介です。

肺を連想させるようななんとも言えないデザインですが、お手持ちのチェアがめちゃくちゃ気持ち良い座り心地のチェアへと変貌します。

とにかく包まれている感覚が気持ちよく、蒸れず、体圧もしっかり分散してくれます。

迷ったら絶対これ。という商品

以下編集中

Lumen LM-LUMBER01

スポンサーリンク